トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

交通事故にあってもあわてず弁護士さんに

交通事故にあったら

交通事故は、遭遇することはめったにありませんが、車を運転する方にとってはいつもで起こりえる事です。

たとえ自分が安全な運転を行っていても、いつどんなハプニングが起きるかわからないので、ある日突然
不意な交通事故に巻き込まれる可能性は大いに考えられます。

停める

交通事故は物損の場合もあれば、自分や相手に怪我を負わせるケースがあり、
どの様な状況の場合に救急車を呼べばよいのか、また弁護士に頼るべきなのか判断が難しいですが、
一般的にはどのような軽症でも、まずは救急車に乗り病院へ行くことが常識とされています。

交通事故の場合、最初は軽い怪我と判断しても、事故後重症に変わるケースがあり、
初期の段階では、急性硬膜外血腫や遅発性腸管破裂といった症状は軽症だと判断されるケースもあります。

救急車は呼ばなくても、病院での診察や診断を受ける必要があります。
また他人を巻き込んでしまった・あるいは巻き込まれた場合、
お互いの間だけで解決せずまずは弁護士に相談しましょう。

事を大きくしたくない気持ちは最もですが、当面はなんとかなっても
後日問題が起こる可能性があることも、交通事故の怖さの一つです。
トラブル回避のためにも、頼れる弁護士を探しましょう。

予感