トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

弁護士を代理人に立てて交渉をする

 交通事故の被害者となったら、理想を言えば交通事故直後から
弁護士に相談して万事進めていくのが望ましいです。

示談交渉を迎えるころには、圧倒的に不利な状況に追い込まれていることが多いです。

そこから個人で任意保険会社と交渉するというのは、無謀とも言えます。
被害者はそれまで、任意保険会社に従わざるを得ないような構図に陥っているものです。
そのままの関係を引きずったまま、示談成立となってしまってからでは取り返しがつきません。

飛び出し注意

 

交通事故直後から弁護士に相談するのがベストではありますが、いつの時点であれ
任意保険会社には従わない、と決意できたのは幸運なことと言えます。

 

任意保険会社は加害者の代理人です。自賠責保険の限度額を超えた部分を
支払う当事者ですから、加害者の身内以上に加害者寄りの見方をします。

任意保険会社の担当者の仕事は、本来支払うべき額の賠償金を支払わずに済ますことです。

日々、年中、それを業務として取り組んでいるわけですから、被害者個人を相手としたときの
ノウハウを知り尽くしています。被害者は交通事故の賠償関係について
右も左もわからない、まったくの素人です。対等に渡り合えるわけがないのです。

 

示談交渉は、弁護士に依頼することです。弁護士が相手だと、保険会社は妥当な額の賠償に応じようとします。
弁護士がついた以上、被害者個人に提示するような法外に低い金額で粘っていたら
敗訴確実な裁判になることがわかっているからです。

交通事故専門の弁護士だからといって、完全に頼っていいというわけでもありません。
もっともらしいことを言って、実は案外いい加減なことを言う人も、残念ながら
非常に少数ですが、いないとも言い切れないのです。
自分でもある程度知識を持つことで、頼れる弁護士を見つけられるはずです。


やけ