トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

交通事故の被害者の味方になる弁護士

交通事故に遭遇する確率は絶対にゼロに出来ません。
自宅から徒歩数分で行けるコンビニに行くだけでも、人は歩く必要があり、横断歩道を渡る際に
暴走運転をするトラックや軽自動車に体当たりされてしまう恐れがあります。

側道

また自分自身が優良な善良ドライバーとしてマイカーのハンドルを握っていたとしても、
後方から同じく暴走運転をする自動車に突っ込まれれば、交通事故に遭遇する事となります。

最近はドライブレコーダーを設置するマイカーも多いですが、カメラの死角から衝突された場合、
事故の決定的瞬間が記録されず、結果として事故の被害者と加害者が現場で原因について、言い争いになりがちです。

空

事故の加害者が自分の非を一切認めず高圧的な態度で被害者に泣き寝入りを迫るケースも相次いでおり、
事故を受けた側はそういったリスクを回避するためにも、事故後は直ちに
交通事故解決に強い弁護士に相談しなければいけません。

弁護士事務所によっては相談料が無料になっており、交通事故の解決支援を気軽に頼めます。