トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

交通事故にあってもあわてず弁護士さんに

交通事故にあったら

危険性

交通事故によってケガをした被害者が、そのケガがもとになって
会社を休業するなどして収入が減ってしまった場合には、
加害者にはその損害分を賠償する責任が生じます。

この減った分の収入の賠償のことを「休業補償」と呼んでいます。

「休業補償」のシステムについてより知識を深めたい場合は、弁護士に聞いてみるのも方法です。

曇ってきた

交通事故の場合、加害者の自動車は当然に自賠責保険に加入していますので、
まずはこの自賠責保険から必要な補償を受けることが可能です。

自賠責保険における休業補償の計算方法は、一般的には交通事故前3か月における
給与額を90日で割ったものを1日あたりの収入とみなして、
その金額に休業日数を乗じたものとなります。

ただし、こうして計算した1日あたりの収入が5,700円に
満たない場合には、5,700円が基準となります。

様々な場面に即座に対応できるように、日ごろから知識を深めておきましょう。
そうは言っても交通事故とは無縁だとどこかで思う慢心が、思わぬ悲劇を招きます。
当然ですが、意識しすぎて交通事故を起こす人の方がよっぽど少ないのです。
だからこそ、突然の事故に対応しきれず放心してしまうのです。

相談だけなら、低額でうけてくれる弁護士さんもいるので、頼ってみても良いでしょう。