トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

交通事故で弁護士に依頼する基準は?

交通事故の被害者は、ある日突然ケガを負わされ、日常を失い、右も左もわからない状態で、
各方面から冷遇されて途方に暮れることが多いものです。

軽傷ですぐ完治し、後遺症も残らないようなら、補償がほとんど受けられなくても、
事故関係のさまざまなことから解放され、時間を有意義に使えるので、
あえて法曹の力を借りることもないかもしれません。

快晴日

加害者の対応が不誠実で納得がいかない場合は、損得抜きで追及することもあり得ますが、
弁護士を頼んでも費用倒れとなる可能性は高いです。 

交通事故の場合、弁護士を依頼する基準は、後遺障害の等級であるとされます。
14級という、最も低い等級なら費用倒れとなりますが、10級以上の重い後遺症の場合は、
弁護士費用を支払っても十分見合う増額がなされることが多いです。

木々の間

弁護士をつけたことによる増加額が非常に大きくなることがほとんどであるため、
重傷の場合は、できたら受傷直後から依頼をするのが望ましいでしょう。