トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

損害賠償請求

 交通事故の損害賠償請求というのは、ある程度基準やパターンが決まっています。
事故件数が膨大であるため、他の事故のようにケースバイケースということではなく
大きく類型別にして、基準を決めています。

そのため、プロが見れば、妥当な賠償額というのはすぐわかるものですが、交通事故の被害者は
まったく見当がつかずにいるものです。ある日突然陥った未知の状況ですから当然ですが、
被害者がその状態で損害賠償の交渉をすると、妥当な賠償を受けるのは到底無理で
法外に低い金額で示談することになりがちです。

 

  加害者が任意保険に加入していると、示談交渉の相手は任意保険会社となります。
任意保険会社は毎日、ずっと連綿と、交通事故加害者の代理人として被害者への
賠償交渉をやってきているわけで、その道のプロです。

任意保険会社は自賠責保険の限度額を超えた額を自社負担します。
支払いをする当事者ですから、加害者の身内以上に加害者の見方をし、万事加害者に有利な主張をします。
自身が事故で被害者にけがを負わせたわけではないため、賠償をしようという姿勢はまったくありません。

きらめく

賠償額を減らすことが担当者の仕事であり、会社の利益のためだけに機械的に対応してきます。
被害者個人を相手にするときのノウハウを知り尽くしているため、そうした交渉はやっていても意味がありません。
交通事故専門の弁護士に依頼することです。

壁がある

損害賠償請求の項目には、弁護士費用も当然入ります。弁護士を依頼し、プロの力を借りて
妥当な賠償を受けましょう。弁護士なしだと、それがかなわないという現実があります。