トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

交通事故にあったら

夕暮の道

同じ事故でも、会社員か専業主婦かで状況が変わってくることがあります。

交通事故のケガがもとで通院や入院をしたことによって、その間に得られたはずの
給与などの収入がなかった場合には、加害者が加入している自動車保険などに対して
休業損害の補償を請求することができます。

 

自営業や会社員などのように、収入金額が明確な場合は問題ありませんが、
交通事故の被害者が専業主婦であるような場合には、そもそも収入とよべるものがないため
補償の対象になるのかどうかが焦点になります。


このことについては、過去の裁判事例などから、主婦の家事労働についても財産的な評価は可能であり、
したがって補償の対象になり得るものとされています。

 

そういった事例についても、弁護士に相談してみると良いでしょう。

 

この場合の金額についてですが、自賠責保険では交通事故前の1日あたりの収入金額に
休業日数を乗じた金額を休業補償の基準としていることから、これに準じて計算されるのが通例です。

 

自賠責保険では、1日あたりの最低金額が5,700円に設定されているため、主婦もこれを踏襲して、
1 日あたり5,700円とみなして計算されることが多いようです。
いざというときに慌てて判断を誤らないように、弁護士を通じて知識を深めておくのも方法です。

交通事故というのは身近な物だと頭の中で理解はしながらも、
いざ起こった時のためにあらかじめ準備をしておこうという意識は中々持てません。
しかし、備えあれば憂いなしです。
十分な準備をしておくことをオススメします。

走っている