トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

いつ遭遇してもおかしくない交通事故

過失割合

 交通事故の過失割合は、賠償額に大きく影響します。
被害者の過失がゼロの場合は、算出された賠償額全額が
支払われますが、被害者にも過失があるとされると
その割合分が、賠償額全体から差し引かれます。

出口

過失割合を決める際には判例集などが用いられることも
ありますが、判例集には載っていないケースだったり、
状況がまったく同じとは言えなかったりもしますので、
なかなか決まらないことがあります。

 

過失割合をどう決めるかは、双方がどこまで歩み寄れるかに
かかってきます。


双方がまったく違う数字を主張し続ける場合は、裁判の場で決着させることとなります。
お互いが歩み寄れるなら、示談交渉の場で合意した数字が適用されます。

 

任意保険会社は、被害者が個人で交渉している場合、判例もなにも
無視した驚くような割合を主張することがあります。


被害者が判例を提示していくら正当な割合を主張しても、気にかけることはありません。
被害者個人を相手に、主張を変えることはしませんので、弁護士に依頼することです。
それも、交通事故専門の弁護士に頼むことです。

電飾

交通事故専門の弁護士なら、最新の判例にも通じていますので、
裁判をした場合に判定される割合が即座にわかるものです。


任意保険会社の弁護士もわかっていますので、
的確に言い当てられるとすぐ諦めて、正当な割合で示談しようとします。

 

しかし、交通事故に疎い弁護士だと甘く見られて、任意保険側に押し切られることもあります。
このように、交渉のプロだからと安心しきって頼りすぎると
思わぬ落とし穴がある場合もあります。

自分で十分な注意や確認をし、本当に安心できる弁護士に相談しましょう。