トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 メリット 受任通知 サイトマップ

 

 

交通事故にあってもあわてず弁護士さんに

交通事故にあったら https://www.hot-airmusic.com

 昨日交通事故に遭い、その場では体に痛みを感じられなかったので病院に行かなかったが、
今日になって体に支障をきたすということは、実は良くある話です。

交通事故での打撲や鞭打ちは数日後に痛みが徐々にあらわれることも多々あるのです。

また想定外にも脳や頭蓋骨に支障をきたしている場合があり、すぐに病院に行かなかったことで
長年後遺症に悩むことも珍しくありません。

後から痛む

交通事故にあった場合、その場で体に何ら異常がなくても必ず病院で精密検査を
行ってもらい、適切なケアを受けることが非常に大事であり、また弁護士に
相談することも非常に重要なのです。

コウツウジコ、製造物責任等による損害賠償請求事案を中核の頼れる交通事故弁護士はこちら

 

仮に相手側と話し合って、平穏に済みそうであっても、まずは弁護士を介しての
交渉をおススメします。

また医療費のことを心配する人がいますが、交通事故の場合、加害者側の任意保険等で
医療費が全額保障されるので、被害者は費用面でなんら心配することはないのです。

医療費

なので自分が加害者側になることも考えて、普段から保険は見直しておきましょう。
いざというとき何も知らないでは話が通りません。

ましてや加害者ともなると、厳しい現実をつきつけられるでしょう。
正しい知識を持った頼れる弁護士に相談できる環境を、普段から用意しておきましょう。

 

アドレナリンのおかげでケガに気付かない?事故直後に痛みが出ない理由

交通事故を起こした際は、自分が怪我をしていても、事故を起こしてしまったことの方に意識が集中してしまい体の痛みなどを感じることが少ない場合があります。

骨折などを伴う重傷事故の場合などは、怪我をした痛みの方が強くなってしまうので、このようなことは少ない場合が多いです。
人身事故は自分に怪我しているだけでなく、相手側も怪我をしていることもあるため、相手を気遣ったり警察に連絡したりアドレナリンが出ます。

むち打ちなどの軽傷の場合などは、アドレナリンが出た場合に痛みを感じにくい傾向にあります。
事故の手続きなどが終わって自宅に帰って落ち着いたりした際に、体の痛みが出ることがあり、病院などに行くと首のむち打ちなどで診断書が出ます。このように、病院の診察を受けて診断書が出れば、警察署に行き提出することで物損事故から人身事故への切り替えとなります。

相手方は業務上過失運転となるため、刑事事件の手続きとなります。事故の手続きが変わってしまうので、事情聴取なども警察から行われますし、事故を起こした現場などにも改めて行く必要などが出てしまうため、時間が掛かってしまうこともあります。相手方は罰金や行政点数の加算などもあります。